伊勢神宮と出雲大社の遷宮

伊勢神宮と出雲大社の遷宮について

今年は伊勢神宮と出雲大社の遷宮が行われるめずらしい年です。
「新生」と「再生」の違いがあります。

 



 

伊勢神宮と出雲大社の遷宮記事一覧

平成25年は伊勢神宮の遷宮(20年に一度)と出雲代謝の遷宮(約60年に一度)が重なる珍しい年です。遷宮の比較伊勢神宮・・・「新生」社殿の隣の敷地にまったく同じように新しい社殿を造り、そこに神様に引っ越ししていただきます。出雲大社・・・「再生」社殿を修復して新しくするもので、場所の移動はありません。また、出雲大社の遷宮では御装束神宝などの新調はしません。出雲大社の遷宮は1953年以来60年ぶり、今回...

出雲大社の60年に一回の 『平成の大遷宮』 は5月に無事行われました。御本殿の修造も終わり大神様は元の御本殿にお還りになられました。この本殿遷座祭斎行を記念して、普段は八足門からの参拝が、特別に八足門の内側で参拝させていただくことができます。大神様により近い距離で参拝させていただき、大改装で蘇った御本殿も間近で見ることもできます。このように門の内側より参拝できる機会はあと60年先、できるならこの期...