赤福、おかげ横丁おすすめグルメ

おかげ横丁 赤福

おかげ横丁の赤福 内宮前支店で赤福餅をいただきました。

 

赤福おはらい町通り店
おかげ横丁の赤福は本店、五十鈴川店、内宮前支店があります。赤福は伊勢の名物として全国的に有名ですね。おかげ横丁でも赤福は訪れる客でにぎわっていました。

 

 

内宮前支店はおはらい町通りの入り口にあり、ちょっと一服といった感じで大勢の人に利用をされています。いつ行ってもいっぱいです。

 

私たちは伊勢神宮のご朱印巡りきっぷの特典としてついている「赤福引換券」で
赤福をいただきました。

 

ご朱印きっぷ特典

 

 

 

赤福を食べる
ちょっと休憩をするにはちょうどよい赤福3個とお茶のセット。

 

赤福餅の形にも意味があり、
五十鈴川の小石に見立てた形で、3本の指の跡は流れを表すそうです。

 

 

畳敷きの縁側台には火鉢がおいてあり、寒い日には火が入っていてお詣りの人の
暖をとる場所にもなっているようです。11月に訪れたのでまだ寒くはなかったです。
作りたての赤福をいただきましたが、やっぱりおいしかったです。
伊勢に行ったらお土産に人気があるのもわかります。

 

赤福 内宮前支店

 

 

>>>赤福が通販で買える店

 

 

夏限定 赤福氷

 

赤福の夏限定メニュー「赤福氷」をいただきました。
赤福氷
ボリュームがありました。
水分補給と糖分の補給ができてほっとします。
お目当ての赤福なんですが、予想を裏切って?あんと餅が別々に入ってました。
厳しい暑さの折り、大人気のメニューでしたよ。
赤福のお店はおはらい町に数件ありますが、どこも大賑わい。
お客さんいっぱいでした。

 

 

 

赤福本店のかまどには火が入ってました。
三宝荒神
「三宝荒神」を造形したこのかまどで沸かしたお湯を使って
お茶をふるまってもらえます。

 

 

 

赤福本店内部
赤福本店の店内です。昔の宿場の面影をのこした広々とした空間。
私たちを含む参拝客は夏の暑さをつかのま忘れられるゆったりした場所でした。
五十鈴川に面しています。眺めも良好です。

 

 

 

赤福本店 朔日餅(ついたちもち)

 

赤福本年店はおかげ横丁の正面にあります。
季節限定の赤福ぜんざいなどが有名です。

 

赤福本店の毎月、一日の行列も有名です。
毎月一日に販売する「朔日餅」(ついたちもち)は早朝から大勢の人が
並んで買うことで知られています。
神宮へお参りする「朔日(ついたち)参り」 というならわしがあって、
朔日参りの参拝者をお迎えするために作り始めたのが「朔日 餅」だそうです。

 

毎月もちの種類が変わるようです。
一度は早朝から並んでみたいとも思います。

 

 

朔日餅(ついたちもち)

1月

お休み

7月

竹流し

2月

立春大吉餅

8月

八朔粟餅

3月

よもぎ餅

9月

萩の餅

4月

さくら餅

10月

栗餅

5月

かしわ餅

11月

ゑびす餅

6月

麦手餅

12月

雪餅

 

 

>>>TOPページへ戻る