伊勢神宮 お祭りと行事(1月〜6月)

伊勢神宮 お祭りと行事(1月〜6月)

伊勢神宮では1年と通して、様々なお祭りと行事が行われています。
毎年行われるお祭りのスケジュールです。

 

 

 

伊勢神宮,お祭り,行事1月のお祭り

 

1日【歳旦祭:さいたんさい】
   新しい年のはじまりのお祝い

 

3日【元始祭:げんしさい】
   天津日嗣(あまつひつぎ)皇統の元始のお祝い

 

7日【昭和天皇祭遥拝:しょうわてんんおうさいようはい】
   先帝崩御の日、宮中の皇霊殿で御親祭が行われて神宮でも
   遥拝式が行われます。
   場所:内宮第一鳥居内祓所

 

11日【一月十一日御饌
   神宮の両正宮をはじめ、すべての神々神饌を奉ります。
   場所:内宮四宮殿
   続いて五丈殿で東遊(あずまあそび)が行われます

 

 

伊勢神宮,お祭り,行事2月のお祭り

 

11日【建国記念祭
   国の始めをお祝いするとともに今後の発展をお祈りします。

 

17日【祈念祭:きねんさい】
   神饌を奉り、五穀の豊かな稔りを祈ります。
   大御饌の儀と勅使が参向して奉仕される奉幣の儀の
   二つのお祭りが行われます。

 

 

伊勢神宮,お祭り,行事3月のお祭り

 

春分の日【御園祭:みそのさい】
     野菜や果実の豊作を祈るお祭りです。 
     場所:神宮御園 

 

    【春季皇霊祭遥拝:しゅんきこうれいさいようはい】
     宮中の皇霊殿で皇祖皇宗(こうそこうそう)のお祭りが
     行われるのに際して神宮でも遥拝式が行われます。
     場所:内宮第一鳥居内祓所

 

 

 

伊勢神宮,お祭り,行事4月のお祭り

 

上旬【神田下種祭
     神嘗祭を始め諸祭典にお供えする御料米の稲種を
     神田にはじめて下すお祭り。
     場所:神宮神田

 

3日【神武天皇祭遥拝:じんぬてんのうさいようはい】
    神武天皇崩御の日、宮中の皇霊殿にて御親祭が行われ、
    神宮でも遥拝式が行われます。

 

 

伊勢神宮,お祭り,行事5月のお祭り

 

1日【神御衣奉織始祭:かんみそほうしょくはじめさい】
    皇大神宮および荒祭宮御料の和妙(にぎたえ)、荒妙(あらたえ)を
    奉職する神御衣祭付属の祭り
    場所:松坂市 神服織機殿神社・神麻続機殿神社

 

13日【神御衣奉織鎮謝祭:かんみそほうしょくちんしゃさい】
   神御衣の和妙、荒妙のうるわしく織り上がったことへの感謝の祭りです。
    場所:松坂市 神服織機殿神社・神麻続機殿神社

 

14日【風日祈祭:かざひのみさい】
   御幣(みてぐら)、御蓑(おんみの)、御笠(おんかさ)を奉り、
   雨風の災害なく五穀の豊な稔を祈ります。

 

  【神御衣祭:かんみそさい】
   皇大神宮と荒祭宮に和妙、荒妙の二種の神御衣を奉納するお祭り

 

 

 

 

伊勢神宮,お祭り,行事6月のお祭り

 

1日【御酒殿祭:みさかどのさい】   
   神嘗祭にお供えする御料酒がうるわしく醸造されうよう祈るお祭り
   場所:内宮御酒殿

 

15日【興玉神祭:おきたまのかみさい】
   月次祭奉仕にあたり、内宮御垣内西北隅に御鎮座の地主の神、
   興玉神のお祭り
   場所:興玉神

 

  【御卜:みうら】
   月次祭奉仕の神職が、奉仕直前に神の御心にかなうかお伺いする行事
   場所:内宮中重

 

15日〜25日【月次祭:つきなみさい】
      由貴の大御饌(ゆきのおおみけ)のお祭り 
      午後10時、午前2時の2回行われます。
      その後正午、奉幣の儀が行われます。引き続き、別宮でも
      お祭りがとり行われます。
      外宮:6月15日・16日   内宮:6月16日・17日

 

30日【大祓:おおはらい】
    大祭の前月末日に神宮神職の罪・けがれを祓う行事。
    特に6月12月の末日には全職員の大祓いが行われます。
    場所:内宮第一鳥居内祓所他