参拝方法 手水舎の作法 お手水 作法

手水舎の作法 (お手水の作法) 参拝方法

手水舎の作法

手水舎の読み方は、てみずやまたは、ちょうずやと読みます。

 

神社の手水舎とは、鳥居をくぐってすぐの場所にある手を洗って口をすすぐ場所、
身を清める場所のことをいいます。
神様にお参りに行く前の身だしなみです。

 

 

手水舎 画像が磯部神社(いそべじんじゃ)にありました。
お手水の作法、手の清め方が子供にもわかるように絵で描かれてありました。

 

  • 右手に柄杓を持って左手を洗います。
  • 次に柄杓を持ち替えて右手を洗います。
  • 左の手のひらに水をうけて口を漱ぎます。
  • 柄杓に口をつけてはいけません。
  • 口をつけた左手を清めます。
  • 残っている水で柄杓を立てて柄を清めます。

 

 

 

ここで身を清めていよいよ神様へお参りに、
神社の奥の正宮へ進んで行きます。

 

 

 

正宮へ進む

 

 

 

 

 

 

 

 

>>>TOPページへ戻る

 

 




 

手水舎の作法 (お手水 作法)関連ページ

神社のお参りの仕方