せんぐう館 水中舞台

せんぐう館と水中舞台 (所要時間、地図、展示について)

せんぐう館(1)

外宮の正宮の参拝を終えて、帰途につく。

 

第二鳥居をぬけて、第一鳥居を抜けると右手に勾玉池が見えます。

 

そこには朱色に塗られた水中舞台が浮かびます。
その奥の建物がせんぐう館です。
2012年の4月のオープンだそうです。
前回の伊勢神宮参拝は4月以前だったので今回初めて見ました。

 

せんぐう館
開館時間:午前9時〜午後4時30分
休館日:毎週第4火曜日(祝日の場合はその翌日)
入館料:一般300円 
アクセス:近鉄・JR伊勢市駅下車徒歩約7分

 

 

せんぐう館(2)
私たちが利用した近鉄の旅券の
伊勢・鳥羽・志摩スーパーパスポート“まわりゃんせ”
には、せんぐう館の入館の割引特典がついていて
一般300円→200円で入館できました。

 

 

館内は撮影禁止なので立派な社の模型や歴史の品がありましたが
撮影できません。
いただいたパンフレットの写真です。

 

せんぐう館(3)

 

 

 

せんぐう館(4)
せんぐう館は20年に一度の遷宮を記念して私たちが
神宮の歴史や文化、展示品の神宝などを身近に感じることができる博物館です。

 

神宮のお祀りを映像でみることができたり、
外宮の模型がおいてあったりと、とても勉強になりました。

 

せんぐう館(5)

 

 

一番印象に残ったのが池に浮かぶ朱色が鮮やかな水中舞台です。
それをせんぐう館のガラス越しに眺めるととても和やか、壮大な気分になれました。

 

せんぐう館の中には休憩用の椅子もあって
そこでノートPCを打ってる人もいました。

 

せんぐう館のブログをかいてるだろうか。
私も今度はゆっくりとこちらへお邪魔して
せんぐう館ブログ、歴史ブログを作りたいなって思いました。

 

 

 

 

せんぐう館 地図(パンフレットより)
詳しいパンフレットはこちらで見れます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>>TOPページへ戻る