伊勢神宮 式年遷宮

伊勢神宮 式年遷宮とは

式年遷宮には二十年に一度の「お伊勢さん」の大祭、神様のお引越しです。

 

 

伊勢神宮,式年遷宮,平成25年

 

平成25年には第62回神宮式年遷宮が行われます。1300年も続く20年の一度の大祭です。

 

式年遷宮は、国家レベルの重要なお祀りとして、「公の儀式」として、国を挙げて行われていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

式年遷宮とは
二十年に一度、神様に新しいお宮へお遷りいただく神様のお引越し、
天照大神、豊受大神宮はじめ別宮、垣内の建物すべて、御装束神宝も
新潮されます。古くからの技や文化を継承する一番重要な神事なのです。
第62回の遷宮は、2005年から準備がすすめられ、8年もの歳月をかけ
2013年(平成25年)に行われます

 

式年遷宮の日程

 

 

神宮とは

伊勢神宮の呼び名で親しまれている神宮は皇室の祖先神「天照大御神」をお祀りする
皇大神宮(こうたいじんぐう)(内宮)を中心に百二十五のお社から成り立っているそうです。

 

ご鎮座以来二千年あまり、皇室、国家の繁栄と国民の幸せを祈って、
年間延べ数百回に及ぶお祀りが繰り返されてきたそうです。
その中でも最も大事なおまつりは毎年十月に行われる「神嘗祭」です。

 

私たちの生きる糧でもある、その年の新穀を大御神にたてまつり、感謝を捧げる
神嘗祭は私たちのくらしの平安と活力の証であり栄ゆく豊かな暮らしを約束する
おまつりです。

 

式年遷宮

 

二十年に一度、宮処(御敷地)を改め、古例のままに御社殿や神宝をはじめ、一切を一新して
大御神の新殿への遷御(せんぎょ)を仰ぎます。

 

式年遷宮は持統天皇の御代に初めて行われたそうです。
以来わが国にとって第一の重要な式典として重んじられ
六十一回、千三百年という、世界でも例を見ないかけがえのない歴史と
伝統を有しています。

 

二十年に一度、御社殿や神宝類の全てを古式のままに一新する式年遷宮は、
伝統文化のルーツを伝え、技術の保存継承にも大きな役割を果たしているそうです。

 

 

 

私の個人的な感想です。
すごい!歴史に感激しました。
この日本という国に生まれたことに感謝せずにはいられません。

 

また、この式典には相当の費用が必要です。
伊勢神宮では、
式年遷宮をうるわしく執り行うことができますよう皆様のご奉賛を
お願いしてらっしゃいます。

 

 

 

 

>>>TOPページへ戻る